警察犬としてトレーニングを始めたシェパード。幼いながらも一生懸命な姿に、思わず胸キュン…!

エストニアで暮らしている、ベルジアン・シェパード・ドッグのサムは…

警察犬になるための訓練を開始したばかりの幼い子犬。

「一生懸命にトレーニングに励む姿がカワイイ!」と、ネット上で評判を呼んでいます。

職業犬のたまご

お兄ちゃんとともに、警察犬としての道を歩みだしたサムは…

エストニア北部を担当するチームに配属され、日々努力を積み重ねてきました。

立派な警察犬になるためには、およそ一年半の訓練を要するのですが…

まず最初のトレーニングは、新しい環境に慣れること。

訓練士のクリスティさんとも、信頼関係を築く必要があります。

まだ小さいながらも…

その凛とした表情からは、『プロ』としての誇りがあふれていますね(*´▽`*)

関連:【大手柄】 ジャーマンシェパードの警察犬は、その『初出勤日』に…赤ん坊と母親の命を救った!

みんなの反応

●これで日々の暮らしも安心だな! ……まあ俺はエストニアに住んでないんだけど

●エストニアだって!? クソッ、なでなでしに行くには遠すぎる!

●こんなカワイイ犬を前にしたら、私だったらすぐに降伏しちゃうだろうな……

●体はまだ子どもだけど、心は準備万端って感じね!

●今は世界的にちょっと不安定な時期だからね。こんなにカワイイ写真を提供してくれてありがたいぜ!

警察犬としての正規のデビューは、まだ先の話ですが…

既に多くの信頼を勝ち得ているサムは、きっと立派な『犬のおまわりさん』になってくれることでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ