『死にたい』と思ったYouTuber・たかまつなな。その時、支えとなったのは

「今年7月、私は『死にたい』と思った」

そんな書き出しから…たかまつなな/時事YouTuber (@nanatakamatsu)さんは、ご自身の辛い経験について呟きました。

『私は弱い人間だから。同じように悩む人を救いたい』

心から支持せずにはいられないお話です。

一人で背負わないで

生まれや育ち、経済状況、さらには『どれほど目の前で明るく振る舞っているか』に関わらず…

他者の苦悩を、自分の物差しで完璧に推し量ることなどできません。

微かなSOSも見逃さない社会の実現に向けて…

引き続き、何ができるかを模索し続けていかなければなりませんね。

関連:YouTuberが給付金の使い道を報告したら…『まさかの展開』に絶句

みんなの反応

●つらかったでしょうね。自覚されないうちに自分を追い詰め始め悪循環に陥ってしまわれたということでしょうか。気がつくことができてよかった。逃れる道筋を指し示してくださる方と出会えてよかった。ななさんはすばらしい方です。自信を持って自分のペースで歩んでください

●心身が弱ってるときは、病院にいくことも、人に相談することもできなくなるんですよね。また余力をふりしぼってSOSを発信できたとしても、本当のところは伝えられなかったり、伝わらなかったりします

●そして医者探すとなっても精神科というのは大忙しで予約するなら2ヶ月後と言われる…いのちの電話も間違ってないけど時に残酷な案内をしてしまっている

●他人と比較すると情けなくて消えたくなる。ガンガン進んでいく上司と2人の営業所で。何故できないんだ?とか、簡単だからやってみな。とか、言われても体が強張り動けなくなる。辛いことを打ち明けたら立ち止まって考えてくれました。まずは家族に、勇気を出して会社の仲間に相談して楽になりました

ハッとする投稿に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ