一人ぼっちになった野良の子猫は…オッドアイの先輩猫と、『実の姉弟』のような絆を結んだ!!

カナダ・モントリオール周辺の屋外で、子猫の兄弟たちが発見されました。

住民の方はご飯をあげたりしつつ、遠目に見守っていたのですが…

それから3週間ほど経ったある日、1匹を除いて、他の兄弟たちがいなくなっていることに気付きます。

姉との出会い

たった独りの生き残りの子猫は、保護団体へと連れて行かれました。

代表のセリーヌさんは、当時のことを振り返ります。

彼の身体は、虫に集られていました。

ノミや耳ダニ、それにお腹の中にもたくさんの寄生虫がいたんです。

アルヴィンと名付けられた子猫は、ひどく臆病な性格で…

里親のもとに託された後も、人間から逃げたり、物陰に隠れてばかりいました。

それでも、屋内生活に慣れるうちに、少しずつ心を開いていったといいます。

そのアルヴィンが保護される、数週間ほど前の事。

オッドアイの若い猫が、同じ団体を経由して里親に預けられていました。

ピッパという名前をもらった彼女もまた、見つかった当時はひどい状態で、目も悪く風邪にも罹っていましたが…

適切な治療と美味しいご飯、そして保護者からの愛情を与えられるうちに、心身とも健康を取り戻したのだそうです。

同じ里親のもとに引き取られ、出会った瞬間に意気投合した2匹は、すぐに家族の絆を結びました。

そして、あれほど臆病な子猫だったアルヴィンが…

姉貴分のピッパの前では、元気で遊び好きな性格に大変身。

ともに時間を過ごすうちに、少しずつ心の殻を破って、自信をつけていきます。

関連:オイルや土埃で汚れた野良の子猫を、お風呂に入れてあげると…美しい毛並みの『白猫』に大変身!

生まれは違っても

外見も性格も異なるものの、まるで実の姉弟のように愛称バッチリな2匹。

まさしく、お互いにとって「運命の出会い」だったといえるでしょう(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ