目もほとんど見えていなかった野良のハチワレ子猫は…様々な苦難を跳ね除け、幸せをつかんだ!!

米オレゴン州にて、TNR(野良猫の保護・不妊処置を行う)活動を行っていたボランティアの団体は…

生まれつき唇が裂けてしまっている、1匹のかよわい子猫を発見しました。

歩くたびにふらふらとしている野良の子猫を、放ってはおけず…

ボランティア団体は、里親活動を行っているセリナさんにお世話を託します。

苦難とともに

お風呂に入って身体を洗い、お腹いっぱいにご飯を食べて…

ハチワレの子猫は、かなり気分がよくなった様子。

その後、診察のために、専門家のもとに連れて行ったところ…

彼女の目はほとんど見えておらず、また水頭症や運動失調を患っていることも発覚します。

更に、大人になるにつれて、症状が悪化してしまう恐れもあり…

無事に生きていくためには、人の手による特別なケアが必要不可欠でした。

そんな不幸な子猫にも、ひとつの幸運が訪れます。

それは、動物病院で働いていたスタッフ・デシラエさんとの出会いでした。

彼女は、多くの苦難を抱えていましたが…

とても愛らしくて、人懐っこい子でした。

「私が助けなければ」と思って、引き取って看病することを決意したんです。

ペネロペと名付けられた子猫は、新しい住処にもすぐに馴染みました。

食欲も旺盛で、あっという間にご飯を平らげてしまいます。

また、家族に甘えている時間も大好きのようで…

優しいパパのダニーさんとは、よく一緒にソファで横になっているとのこと。

飼い猫としての生き方が、どうやら性に合っているのか…

たくさんの愛情を一身に受けて、心身とも健やかに育っていきました。

関連:庭に迷い込んだ野良の母猫が、3匹の子猫を出産。片時も離れがたいほど仲良しな兄弟の結末は…!

病にも負けず

多くの疾患に侵されているペネロペですが…

当の本人は、そんなことは一切お構いなし。

病にも負けず、毎日を全力で生きている姿は、我々にも大きな勇気を与えてくれますね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ