独りぼっちで保護された野良の茶トラ子猫を、『我が子を亡くした母猫』に託したら…心温まる話

カナダで保護された、独りぼっちの茶トラの子猫。

路上生活を送っていたために、ひどく痩せており…

その両足は、タールに塗れてしまっていました。

新たな兄弟

さて、彼が見つかる数週間ほど前のこと。

カナダ・オンタリオに拠点を置く保護団体に、妊娠中の母猫・ジニーがやってきます。

やがて彼女は、6匹の赤ちゃんを出産しましたが…

残念なことに、そのうちの2匹は、まもなく息を引き取ってしまいました。

以来、ジニーは生き残った子猫たちのそばから片時も離れようとせず、注意深く育児に励んでいたのだとか。

その様子を見て、保護団体の代表・メリッサさんは…

先の茶トラ子猫を、彼女に託すことを思いつきます。

名前は、亡くなってしまった赤ちゃんと同じ「フェニックス」に決定。

そして、対面するやいなや…

ジニーは、見ず知らずの彼をすぐに受け入れ、我が子のように愛情を注ぎ始めます。

他の子猫たちもまた、新しい兄弟を大歓迎!

いっしょに遊んだり、お昼寝をしたり、同じ時間を過ごすうちに、その仲も深まっていきました。

関連:雄の茶トラ猫と雌の黒猫。ノラ生活を送っていた2匹は…子猫のために「出産場所」を探していた!

巣立ちの時

やがて、仲良しの親子たちにも、本当の家族となってくれる人々を探す時期がやってきます。

母猫のジニーは、娘の子猫・ピーチとともに、素敵な家庭へと引き取られていきました。

その後、フェニックスを含めた子猫たちにも、無事に素敵な飼い主が見つかったとのこと。

誰ひとり欠けることなく、最高の結末を迎えられることが出来たのは…

愛情深い母親のジニーと、彼女を支えた保護団体の人々が、お互いにベストを尽くしたからでしょう。

彼らの尽力に、心からの拍手を送りたいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ