ただただ感服する。急接近したバスから飼い主を守るために盲導犬が取った行動

目が見えない飼い主さんの危機に勇気ある行動を取った1匹の盲導犬に、賞賛の声が上がっています。

盲導犬の名前はフィーゴ。ニューヨークに住む目が見えない女性 オードリー・ストーンさんをサポートしています。

cap6_R

 
ある日、オードリーさんとフィーゴが通りを渡ろうとしたとき、突然スクールバスが現れました。運転手は彼女たちに気づいていないのか、全く止まる様子がありません。

 
迫ってくるスクールバス!

と、次の瞬間…

フィーゴが自分の身を、バスとオードリーさんの間に投げ出したのです。

 
現地の警察官であるジョン・デル・ガルドさんは、「バスとの接触時のほとんどの衝撃を、犬が受け止めたみたいだった。その上、事故が起こった後も女性を守ろうとしていたようで、じっと側に寄り添っていたんだ。」と、当時の状況を語ります。

 
オードリーさんは数箇所の骨折、フィーゴは足の手術を受けなければいけませんでしたが、幸いなことに、どちらも命には別状はありませんでした。

cap7_R
cap8_R

 
もしあの時、フィーゴのとっさの判断がなければ…事態はもっと悪かったかもしれません。

cap5_R

 
オードリーさんは事故を振り返り、もしフィーゴの命が奪われていたら…どうすれば良いのかわからなくなっていただろう…と表情を曇らせました。

また、今回のフィーゴの行動については、そんなに驚いてはいないと言います。というのも、フィーゴは以前にもスーパーマーケットで、迫りくるショッピングカートとオードリーさんの間に身を入れて、彼女を守ったことがあるそうで、オードリーさんは、そんなフィーゴに絶対なる信頼を置いています。

私もフィーゴを愛しているし、フィーゴも私のことを大切にしてくれている。私たちは強い絆で結ばれているの。オードリーさんはそう語ります。

 
コチラはニュース映像です。

自分の身を挺してまで他人のために行動するということは、決して簡単なことではありません。人間の場合、理性では分かっていても、とっさには体が動かないということもあるでしょう。

勇敢な盲導犬フィーゴの「オードリーさんを絶対に守る!」という強い責任感と2人の絆に、ただただ感服します。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]