お腹を空かせ、民家に迷い込んだブチ模様の野良の子猫は…やがて飼い猫としての幸せを手に入れた

カナダのモントリオール在住のとある民家にて…

住民の方は、庭から猫の鳴き声が聞こえてくることに気付きました。

何事かと見れば、そこには家の中に入り込もうとしている1匹の子猫が。

どうやら、必死に食べ物を探している様子です。

ご飯を求めて

住民の方が缶詰を恵んであげると

よほどに空腹だったのか、子猫はあっという間にご飯を平らげてしまいました。

その後、住民の方は地元の保護団体に連絡して、彼女を引き取ってもらうことに。

ペニーと名付けられた子猫は、まだ生後3か月ほど。

骨と皮しかないほどにやせ細っており、迅速な治療を必要としていました。

その後、動物病院で適切な治療とノミの除去を行ってから…

彼女は、里親の元へと引き取られていきます。

それは、お腹を空かせながら、独りぼっちでさ迷っていた今までの暮らしが、180度変わった瞬間でした。

最初の数日こそ、見知らぬ環境に困惑し、隠れる場所を探していたペニーでしたが…

慣れてからは、だんだんとリラックスした姿を見せるように。

孤独や空腹とは無縁の日々を送るうちに…

人に飼われるための準備も、着々と進んでいきます。

関連:独りぼっちだった野良の子猫は…里親の元で『2匹の姉』に出会い、甘えん坊な末っ子に大変身した

幸せな結末

やがて飼い主となってくれる家族が見つかり、ペニーは無事に「生涯の家」へと引き取られていきました。

新居では、日光浴やバードウォッチングを楽しみながら、のんびりと過ごしているとのこと。

これからも、思う存分幸せな日々を満喫していってほしいですね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ