閉店する不二家に貼り出された『ペコちゃんの言葉』を読んで…涙が溢れた

カワムラサキ(@song_of_moon)さんは先日、とある閉店間近の『不二家』で、こんなメッセージを発見しました



今日も頑張ってるみんなへ

37年間、毎日毎日みんなの頑張る
すがたをここで見守ってきたけど、
お別れの時がやって来ちゃった。
ペコが来た時、子供だったみんなも
もう立派な大人になって、ペコの
身長を追い抜いていったもんね。

本当はもっとみんなと一緒に
いたかったけど・・・・
ずっ~と一緒にいてくれた店長も
だいぶ歳をとったしね(笑)。
私達 「頑張ったよね!ゆっくり休もー」
って言っちゃった(^_^;)

ペコはおうちにかえります。
でも、ペコがここ三島駅にいた事
みんなわすれないでほしいな(><)

本当に本当に長い間ありがとね!
暑い日も寒い日も雨の日も
頑張るみんなを応援しているよ!
みんな元気でね~本当にありがと!
またね!!

ペコより

切ない…(´;ω;`)

涙のお別れ

お店やお客さんへの愛情が、言葉の端々から溢れています。

長い間、三島の人々を笑顔にし続けてくれたペコちゃんとスタッフさんたちへ…

我々からも、ねぎらいと感謝の拍手を送らずにはいられませんね。

関連:『なかなか出来ない』 とある食堂の前で、胸が熱くなる貼り紙を見た

みんなの反応

●37年間… ありがとう…。誕生日と言えば不二家のケーキだったな

●まじか。通るたびに入りたい誘惑とたたかってたけど、素直に誘惑にのるべきだった…

●寂しくなるネ。不二家さんお疲れ様でした。ペコちゃんの言葉、心に響きました

●不二家のペコちゃんは私の幸せな思い出です

胸が熱くなる光景に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ