ボクサー犬と「添い寝」するため、ベッドから脱走する赤ちゃん。カメラを仕掛けてみて…ほっこり

生後1年と11か月のフィン君は、ボクサー犬のブルータスと大の仲良し。

ゆえに、睡眠中でも親友と離れるのは忍びないのか…

なんと自力でベッドを抜け出してブルータスの元へと向かい、「添い寝」を試みることすらあるそう!

真夜中の犯行

赤ちゃん用の監視カメラが、驚愕の一部始終をしっかりと捉えていました。

真夜中に、毛布から抜け出したフィン君は…

ベッドの柵をよじ登り、床のマットの上で眠っているブルータスの横へと向かいます。

その後、ふかふかの毛並みの親友を枕の代わりにして、ようやく就寝。

好き放題されている間、ブルータスはほとんど動きません。

母親のペイジさんによれば…

フィンとブルータスは、いつでも一緒に寝ようとするんです。

犬用の寝床でも、赤ちゃん用のベッドでも、床の上だってお構いなしで。

どうやらブルータスも、フィン君がベッドから寝転げてしまうのを防ぐために、自ら近くで眠ろうとしている様子。

彼らの微笑ましい姿には、SNSを通じて多くの反応が寄せられました。

関連:飼い主に代わって赤ちゃんをあやすラブラドール。素晴らしいベビーシッターぶりに、拍手を送らずにはいられない…!!

みんなの反応

●犬用のベッドでもぞもぞする赤ちゃん可愛すぎる…!

●赤ちゃんに枕代わりにされても、犬の方はビクともしてないな

●やはり、犬は人間にとっての最高の飼い主だな

●ウチの息子も、朝早くに抜け出して、犬の傍で添い寝してたことがあったわww

●俺も子どもの頃に同じようなことしてたなぁ。犬って本当に面倒見がよくて、優しいんだよね

深い絆で結ばれた二人を見ていると、コチラの心もほっこり癒されますね(*´▽`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ