17歳の時に母親が自殺。高知東生が今も後悔する「最後の会話」は…

今は亡きご自身のお母さんとの「ある思い出」を巡って…

俳優の高知東生(@noborutakachi)さんは、こんなつぶやきを投稿しました。

 
『悲しみは簡単に癒えない』

大変重みのある言葉です。

負の連鎖

残された誰かの力になりたいと思うのなら…

必要なときに「ただ寄り添う」しか、方法はありません。

 
自ら命を絶つ人も、それによって悲しむ人も、これ以上生まれないような世の中になっていくことを願うばかりです。

関連:愛する妻の『遺影』を見て、おじいちゃんは…心が震えるエピソード

みんなの反応

●とても辛い話です。両親が普通の人生を終えただけでも有り難いことと感謝しなければいけないんだな

●大切な人を亡くすのはやりきれませんよね。私は彼氏の自死を経験しました。まさかそんな事があるなんて思わないから最期の会話も覚えていません。変わった様子もなく遺書も何もなくてどうして亡くなったのか今でもわかりません。どうして、どうして、どうして… は何年経っても消えることがありません

●こういうのを見ると、自殺は辞めようと思いとどまれるわ。社会との繋がりがある限り、親族がいる限り、必ず誰かの心に一生の後悔を残すことになるから…

●誰かがいなくなるダメージはずっと続く。ずっとずっと苦しいままだよ。それは親じゃなくても。大切と思う分だけ

 
胸が痛むお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ