ペット預かり所の前に置き去りにされた、高齢のラブラドール。そのそばには…言葉を失う『1枚の手紙』が残されていた

英ケント州のペット預かり所で、金属のゲートに括り付けられたラブラドールレトリバーが発見されました。

 
14-15歳ほどという高齢の割に、かなり健康的だった彼のそばには…

言葉を失うような、「1枚のメモ」が残されていたといいます。

残酷な置き手紙

どうか、僕を引き取ってください。

飼い主さんは、僕を10年間も飼っていましたが、手放すことになりました。

僕は、いい子にはなれませんでした。

なので、飼い主さんが初めて僕と出会ったこの場所に、戻ってきたんです。

面倒を見てくれてありがとう、ご迷惑をおかけします。

 
まもなく元の飼い主が見つかり、ラブラドールはその親族の方に引き取られることが決まったそう。

 
のちに、今回の悲惨なニュースがSNS上で紹介されると…

多くのユーザーから、瞬く間にたくさんのコメントが寄せられました。

関連:自粛中のスポーツコメンテーターが、共に暮らすラブラドール2匹の「オモチャの取り合い」を実況してみた結果…!?

みんなの反応

●「いい子にはなれなかった」? 飼い主がしつけをサボった、の間違いだろ

●おじいちゃんになってから捨てられたのか……ますます辛いな……

●もっとひどい所に連れて行かれたり、安楽死させられてしまう可能性だってあった。安全な家に引き取られて、本当によかったよ

●私は、元の飼い主さんがちょっと心配だな。10年間も育てた犬を、今になって捨てるなんて、なんか変じゃない? ワンちゃんが健康的で幸せそうだった、ってのも違和感あるし……何かあったんじゃないかしら

●まあ、外野があんまり口を出すもんじゃないよ。10年間も育てていたんだ、軽はずみな決断ではなかったろうさ

●本当にどうでもいい存在だったら、誰にもバレないように捨てたり、安楽死させることだってできるからね

 
どのような事情があって、長年連れ添った愛犬を手放したのかは分かりませんが…

おじいちゃん犬が最悪の結末を回避できて、本当によかったです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ