ほぼ100%夕食は手作りで、毎晩読み聞かせもした母親。結果、子どもは…

村儀(@muragi_migaru)さんは、子育てを巡り、こんなエピソードを投稿しました。

 
『それよりそんなに怒らないで欲しかった』

実に重みのある一言ですね。

求めるものは

突き詰めていた「子どものため」が、いつしか「自分のため」に変わってしまう…。

気づくか気づかないかの違いはあれど、きっと多くの親御さんが一度は通る道です。

 
「理想の家庭」とは、一体どんなものか。

改めて、深く考えずにいられません。

関連:小2息子『お母さんのご飯飽きた』 直後の切り返しに、うなずくばかり

みんなの反応

●僕の知人に『シングルマザーに引け目があったから、お弁当だけは、どんなことがあっても作った、学校にも届けた。』って自慢してたけど。その人の息子『普通に美味しくなくて、一生同じ弁当やった。』って。自分のためやなしに、自尊心を守るために作ってたんやろな。って話を思い出しました

●分かります。そして私はこんなに頑張った、我慢した、忙しすぎて記憶喪失だとか言われて確かにそうかもだけど、家族を持つこと、子どもを持つことって地獄みたいだなって幼心に思い、今結婚はしたいけど子どもを持つことは考えられないです

●私の母もシングルマザーで、私にどれだけ金をかけてやったか、どれだけ苦労かけられたかというのを口論になる度に言われ、親に口答えするな、言う事を聞けと言われてきました。娘や息子に見返りを求めない親になりたいと思います

●うちも母も仕事の愚痴ばかりで私の話は興味がないから遮ったり全く聞いていなかったりでしたし、子どものころは何かプレゼントしても使ってくれたことがなかったです。そのくせ大人になって稼ぎ出すとあれがほしいこれがほしいと私にせびり出すようになって私って母にとって何なんだろうと思っています

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ