もはやプリンにあらず! ローソン『ブラボーミチプー ミッチリプリン』の想像を超えるミッチリ感に大満足!

いつものローソンで何の気なしにうろうろと歩いていたら、突然、商品棚のPOPから次の2つの単語が目に飛び込んできました。

「洋ナシ」「カラメル」

まるで、筆者に見つけてもらおうと言わんばかりの主張。いずれも好物だと認識するや否や、続きは読まずに買って帰ってきました。

ローソン『ブラボーミチプー ミッチリプリン』

自宅に着くなり、パッケージをまじまじと観察します。

結露で肝心の中身がよく見えませんが、とりあえず「プリン」であることだけはわかります。

今気づいたのですが、352円(税別)!? コンビニスイーツとしては、かなり本気のお値段ですね。

脱走を図るプリン

まあよい。買ってしまったのだから、おいしくいただこうじゃないか。

そう思ってフタを開けてみると…!

気のせいでしょうか。いえいえ、そんなことはありません。プリンが逃げ出そうとしています!

活きの良いプリンに「おとなしくしててね」と声をかけながら、プリンの下にスプーンを滑りこませようとしたものの、なんと弾力がすごすぎて入りません。

仕方なく手で触れると、普通に持てたので(?)、優しく持ち上げて直しました。結構きれいに戻せましたよね?

プリンが無事に定位置まで戻ってきたところで、いただきます!

ミッチリ濃厚プリンに、上品な洋ナシカラメルが合いすぎる

さっそくスプーンをプリンに差してみたところ、やはりすごい弾力。ムニっとしていて、なかなかすくえません。

もはや「すくう」と言うよりも「ちぎる」ような感覚。

ここで、ひと口ぶんのプリンをようやくスプーンに乗せられたときの写真をご覧ください。

こんなにも重力に耐えられるプリンが、今までに存在したでしょうか。

パクッと食べてみると、プリンは口の中で「密度が高くて濃厚なカスタードクリームのようなもの」に変わりました。

筆者としては、今流行りの「固めプリン」のような感じを思い描いていたのですが、全然違います。食べた感じはプリンというよりもクリーム。でも味はプリンです。

今まで食べたことのあるどのプリンとも違うので、正直かなりびっくりしました。

 
そんなプリンを上下で挟んでいるカラメルは、固めのゼリーのような食感でもちっとしていました。これがまたしっかりビターでおいしい。

しばらく食べ進めていたところ、ついに念願の洋ナシが登場しました! ごろっとしたダイス状で、食べごたえ十分です。

それにしても、洋ナシとカラメルの層がプリンの甘さとよく合います。そして洋ナシの上品な香りが、全体の味わいをさらにランクアップさせているように感じます。

一番下にはスポンジも仕込まれていました。カラメルのほろ苦さをたっぷりと吸い込んだスポンジは、良いアクセントです。

全部の層を一緒に食べると、とてつもなく優雅な時間が流れましたよ。ブラボー!

『ブラボーミチプー』リピート決定です。次のときはちょっとしたご褒美用にしようっと。ごちそうさまでした。

執筆:いしはらゆうこ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ