『言語化できない』 20年前、ブログに投稿した小説が…驚きの体験談

ゆれる(@tukue003)さんは、ご自身が20年程前に書いた「ある小説」を巡って、こんなエピソードを投稿しました



 
凄すぎる…!!

言葉で言い表せない感情

いわく、『我輩は猫である』をモチーフに、児童文学の作風を目指した作品だったそう。

 
感謝の言葉が持つ圧倒的な力を、改めて思い知らされる一幕ですね(*´∀`*)

関連:書店員から学校へ。『課題図書の指定』で気を付けて欲しいのは…!

みんなの反応

●もの書き冥利につきますな。羨まです

●最高すぎる

●小説を書いてる側としてはほんとに嬉しいことですよね……占ツクで投稿した作品のコメントに好きです!とか感動しました!って来た時ほんとに泣くほど嬉しかった

●小さい頃からママの声で繰り返し聴いて育ったその女の子の心の中に、ゆれるさんのお話がひっそりと収まって、女の子とこれからの時を一緒に過ごすのかと思うと、どきどきしますね…ほんとに素敵です…

 
胸が熱くなるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ