自分そっくりな「ぬいぐるみ」と親友になったゴールデンレトリーバー。その友情は…大きくなっても変わらない!

オランダの首都・アムステルダムで暮らしている、ゴールデンレトリーバーのバーレイ。

 
飼い主のジータさんとマークさんは、彼を初めて自宅に迎えた日に…

とある素敵なプレゼントを用意していました。

ぬいぐるみの親友

生涯の家へとやってきたバーレイが目にしたのは、自分そっくりなゴールデンレトリーバーのぬいぐるみ。

 
「フラッフィ」と名付けられた新しい友達を、彼はたいそう気に入ったようで…

いつも連れまわして遊ぶようになったといいます。

フラッフィには、IKEAで買ってきた他の「兄弟」もいるのですが…

バーレイにとって、友達はフラッフィだけみたい。

他のぬいぐるみは乱暴に扱うんですが、フラッフィに対してだけは、そんなことは一度もなかったんです。

 
家にやってきた当初は、ぬいぐるみよりも小柄な子犬だったバーレイですが…

ぐんぐんと成長を重ねていって、体格は逆転しました。

 
それでも…言わずもがな、二匹の友情は変わりません。

家の中で大きな物音がすると、すぐにフラッフィを抱きかかえて落ち着こうとするんです。

朝の散歩も、寝る時も、お風呂に入る時も一緒。

トイレにまで連れて行こうとするんですから。

関連:ゴールデンレトリバーの子犬から「ブランケット」を預かろうとしたら…!? 必死に抵抗する姿に、思わず笑ってしまう!

みんなの反応

●可愛すぎるでしょ…2匹とも!

●ウチの犬もぬいぐるみが大好きで、いつも一緒にいるんだ

●俺の犬も同じだ。まるで自分の子どもだと思い込んでるみたいだよ

●万が一、ぬいぐるみがダメになってしまった時のために、今のうちにもう一つ買っといた方がいいぞ!

 
フラッフィが本物の犬かどうかというのは、バーレイにとっては取るに足らない些末なことなのでしょう。

相手のすべてを受け入れている2匹の関係こそ、真の友情と呼べるのかもしれません。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ