ピザ屋のキッチンに現れた1匹の子猫。飼い主はおらず、シェフが引き取り手を探すも…「生涯の家」は既に決まっていた!!

ある日、オーストラリアのとあるピザ屋さんに勤めるシェフのデイブさんは、キッチンで1匹の子猫に出会いました。

どうやら裏庭の扉をくぐり、忍び込んできたようで…

足に体を擦り付け、人懐っこく甘えてきます。

猫を飼う予定はありませんでしたが…

立ち去る気は無さそうだったんです。

運命の出会い

肩に乗せると、すぐにリラックス。

 
飼い主も見つからず、インターネットで引き取り手を探していると…

彼女は膝の上で丸くなり、喉を鳴らしながら眠ってしまったのだとか。

デイブさんは、それを「サイン」に感じたと言います。

彼女はここに残ると決めたんです。

そんなおちびさんに、勝てるわけがありません。

 
子猫はラットバグと名付けられ、2人は正式に家族になりました。

 
遊ぶのが大好きな彼女のため、収納庫の中には、障害物コースも建てられます。

ベッドタイムには毎晩、パパが眠るまで頭の周りを歩きまわり…

 
それから枕や顔をふみふみしながら、彼女も眠りに落ちるそうです。

関連:足に大きな怪我を負って、必死に逃げ回る子猫。誰も近づけないほどに怯えていたけれど…1人の女性の愛情が遂に心を溶かした!

無二の相棒

そして数ヶ月後…

ラットバグは、こんなにも美しく成長。

 
身体は大きくなりましたが、お気に入りスポットは変わりません。

彼女は獰猛で、恐れ知らずで…

この辺りでいちばんタフな猫なんです。

 
ますます強い絆で結ばれた彼らは…

 
これからも一緒に、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう( *´艸`)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ