愛犬を亡くした女性のもとに、2匹のゴールデンレトリーバーがやってきた。そして…彼らの絆が、深い心の傷を癒やしていく

それはカナダ・オタワに住むフランさんが、愛犬のゴールデンレトリーバーを亡くしたばかりだった頃のこと。

 
悲しみに暮れていた彼女は、たまたまFacebook上で参加した地元のブリーダーたちのプライベートグループで…

1匹のゴールデンレトリーバーが飼い主を探している、という投稿を見つけます。

姉妹のように

ゴールデンレトリーバーのリジーは、ブリーディング(血統のための交配)のために飼われていた犬でしたが…

後に不適合が判明してしまったとのこと。

 
偶然か、それとも運命か…。

いてもたってもいられず、フランさんは、飼い主を探しているというリジーに会ってみることに決めます。

 
結果、出会った瞬間に一目惚れ。

リジーもまた、初対面のフランさんによく懐き、その傍をずっと離れなかったそうです。

 
こうして、彼らは晴れて家族となりました。

 
その翌年、フランさんは、ゴールデンレトリーバーをもう一匹飼いたい、と思い至り…

生後8週間のアライを、飼い犬として迎え入れることに。

 
リジーとも、あっという間に友情を育みました。

 
仲良しコンビの2匹は外見こそそっくりですが、どちらかというとリジーの方が人懐っこく、またいたずら好き。

アライはとにかく遊ぶのが大好きで、散歩に行くときは必ずオモチャを持っていこうとするんだとか。

 
本当の姉妹のように息ぴったりの2匹の様子は、Instagramでも大きな反響を呼んでいます。

関連:眠っている飼い主にコッソリすり寄るゴールデンレトリバー。その『可愛すぎる目的』に、ハートを射抜かれた…!!

みんなの反応

●ワンちゃん同士の友情…美しい…

●こんなに可愛い写真が他にあるか?

●動物を飼うときは、やっぱり2匹がいいよ。彼らにも友達が必要だろうからね

●写真から仲の良さが伝わってくる

●幸せな動物たちを見ると、こっちも幸せな気分になるね

 
フランさんの心の傷を、その可愛らしさで埋めてくれた2匹。

これからもずっと、仲良く幸せに暮らしていってほしいですね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ