2匹のピットブルを引き取ったビリー・アイリッシュが、後に里親としての『Fail (失敗)』を告白。その内容に…感動した!!

大の犬好きとしても知られる、世界的シンガーソングライターのビリー・アイリッシュさん。

 
SNSに愛犬の写真を投稿し、自身のファンにも里親活動を勧めている彼女が…

先日、とある「失敗談」を明かしました。

心奪われて

ビリーさんは、自主検疫期間の開始と前後して、2匹のアメリカンピットブルを預かったそう。

 
里親の業務といえば、まだ生まれて間もないために養育の難しい子犬や子猫を、一定の大きさになるまでお世話してあげる、というもの。

 
そのため、彼らが十分に育って、飼い主が無事に見つかった時点で…

愛情を込めて育てた動物たちであっても、離れ離れになってしまうという運命にあります。

 
しかし、可愛らしい2匹の子犬に、完全に心を奪われてしまったビリーさんは



里親の仕事、失敗しちゃった!!

 
写っているのは、『Adoption Agreement(引取り承諾)』の書類。

彼女は彼らのうちの1匹を、一時的ではなく、「生涯の家族」として迎え入れることに決めたのです(*´∀`*)

関連:デイケアに通う1匹のピットブル。犬がたくさんいるために『良い寝場所』を見つけられなかった彼女は…やがて、こうした!!

みんなの反応

●ビリー・アイリッシュはホントにイイ子だよね。知れば知るほど好感度が上がってしまう…

●子犬を引き取ってくれたんだ。すごく素晴らしいことだね

●失敗おめでとう(笑)!

 
こうした『Foster Fail(里親失敗)』と呼ばれる出来事は、保護に携わる人々の中で時折起こっているのだとか。

何とも幸せな結末に、心がほっこり癒やされました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ