助けを求めて何日間も鳴き続けていた子猫。たくさんの人間と出会って愛情を知る

ジェイミーさんは、ロサンゼルスの自宅近くで、子猫の鳴き声を耳にしました。

どこからともなく聞こえるその音は、日を追うごと大きくなっていきます。

 
異変を察したジェイミーさんが、声の主を探すと



ベランダの階段に、1匹の子猫がいるのに気が付きました。

彼は独りぼっちで、ひどく狼狽しているようでした。

「新たな家族」を探して…

ジェイミーさんは、友人のアンジェリカさんと、その恋人のアーロンさんに子猫を預けます。

とても幼く、まだ生後数週間といったところ。

それまで子猫を育てた経験がなかったアーロンさんは…

彼を預かったのはたった数日でしたが…

生まれて間もない子猫の面倒をみることが、どれだけ大変か分かりました。

里親や動物保護活動の人たちは、これをずっとやっているんだと思うと、心底尊敬します。

 
その後、仕事の都合もあって長く子猫を預かることが出来なかった2人は、里親のボランティアを行っていたアシュリーさんにバトンを渡しました。

私の家では、ちょうど同じ年頃の子猫を4匹飼っていたんです。

独りぼっちの彼にとって、仲間を作ることは大切だろうと思って、受け入れを決めました。

 
バーソロミューと名づけられた子猫。

同年代の猫と比べても、半分ほどのサイズしかありませんでしたが…

彼はその小さな体におさまりきらない程、大きな好奇心を持ち合わせていました。

いっしょに車に乗っていると、シャツをよじ登ってきて、鼻を舐めてくるんです。

私の体で、彼の肉球に踏まれていない場所はないってくらい。

 
やんちゃで人懐っこく、勇敢な性格のバーソロミューは、新しい飼い主のアシュリーさんや他の子猫ともすぐに仲良くなってしまいました。

 
新しい家に迎えられた数日後には、他の子猫と一緒になって、家中を冒険していたといいます。

関連:屋根裏から子猫の声。姿が見えず困っていると、請負業者が申し出て…

ついに手に入れた幸せ

さらに食欲も凄まじく、ご飯の時間はいっつも大興奮!

アシュリーさんの手にしがみついて、哺乳瓶を離そうとしません(*´ω`*)

 
ベランダの階段で途方に暮れていた頃とは比べられないくらいに、賑やかで満ち足りた生活。

親切な人々の手から手へと託されて…独りぼっちだったバーソロミューには、今や新しい家族ができました。

 
心細さに鳴き続けるような日々は、きっともう来ないでしょう。

これからも彼が、幸せでありますように!(´-ω-人)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ