『飼い主にもっと構ってほしい!』と願うゴールデンレトリーバー。そして彼女が思いついた、「お茶目すぎる秘策」とは…?

「人間にとって最高の友達である」とも言われる犬たちは、持ち前のコミュニケーション能力の高さで、しばしば私たちを驚かせます。

 
トラヴィスさんの飼い犬であるゴールデンレトリーバー・ステラも、例外ではありませんが…

その感情の表し方は、少しだけユニークでした。

こっちを向いて

ウチの犬は一歳半になるんですが、「十分に構ってもらえていない」と感じると…

その辺にあるものを口にくわえるんです。

自分に注意を向けさせるために、このやり方を思いついたみたいで。

 
眼鏡や帽子、台所にある調味料、リモコン、スマホ、等々。

気を惹くためならば、なんだってOKです。

 
人質ならぬ「モノ質」をとり、飼い主さんに訴えているつもりなのか…

いずれにせよ、こんなにもいじらしい振る舞いを見せられたら、放っておくわけにはいかないですね(;∀; )

関連:スニーカーの中を嗅ぎ続ける『ニオイフェチ』なゴールデンレトリバー。真剣すぎる表情と、凄まじい集中力に…思わず吹いた!

みんなの反応

●ウチの犬も、もう3歳になるのに、よくモノを盗んで隠すんだよ……それで、追いかけっこの始まりってわけ

●そんな見え透いた罠に俺が釣られるわけ……うぉおおお可愛い!!

●つぶらな瞳が、なんともまた……

●スニーカーや帽子をくわえてるのは、「散歩に連れてって!」アピールだったりして?

●とうとうワンコさえもiPhoneの魅力に気付き始めたか

●ウチだったら誘惑に抗えずに、まんまとナデナデしちゃうわ…

 
ステラのアイデアには、ネット上の犬好きの方々も脱帽している様子。

ゴールデンレトリーバーの賢さと魅力がたっぷり詰まった、ニンマリしてしまうお話でした(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ