反米的な教授の試験で、「アメリカの良い点」を書き連ねた結果…?

(@HydrangeaMV)さんは、学部生時代のこんなエピソードを投稿しました。

 
素晴らしい…!!

本当の学び

零さんは、さらにこう続けます。

 
反する主張と真摯に向き合ってこそ、「本物の知識」が深まっていく。

学問の理想を体現するようなやり取りへ、拍手を送らずにはいられませんね(*´∀`*)

関連:『恋人が誕生日の学生は休ませる』と誓った先生。そのワケは…!?

みんなの反応

●私的価値観と公的鑑識眼を見事に両立できてる教授ですね、是非とも一度講義を受けてみたい…

●素敵な先生・経験だと思います。そう言うのが増えて欲しいです…。昔、○○論で思うままコメント書いたら超絶バツ。そういうことか、と、教授視点でコメント書いたら講義中「素晴らしい意見がある!」と読み上げられた。なんか、学びってそう言う事じゃないよな… って感じた思い出

●個人的に好き嫌いはあっても、他人の見方や意見はちゃんと受け止められる人、ものごとの多様な側面は見えている人は素晴らしいと思う

●答案を出す方もそれを受け取る方も、それぞれが拒否拒絶するような人じゃなくて受け入れられるってすごい。そんな人になりたい

 
胸が熱くなるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ