出産したばかりの野良猫一家を保護するも、1匹だけ子猫が見つからない。心優しい男性警官の2日間にも及ぶ捜索の結末は…?

米ノースカロライナ州にて警察官として勤めていたモートンさんは…

奥さんのハンナさんとともに、野良猫のコミュニティのお世話をしていました。

 
そこには赤ちゃんを身ごもっていると思しきメスの猫もいたのですが…

ある日、夫妻はそんな彼女のお腹が引っ込んでいることに気が付きます。

赤ちゃん猫はどこへ?

生まれたばかりの子猫の安全を思うと、居ても立っても居られなくなってしまったモートンさん。

罠を設置して、どうにか親子を捕まえようと試みるものの…

異変を察知した母親は、子猫のうち一匹を、どこかに隠してしまいました。

 
その後、一家は無事に保護されてアニマルシェルターへと移送されていったものの…

さきほど母猫によって連れて行かれた一匹だけが、どうしても見つかりません。

幼い子猫の命を救うことが出来なかった、と思うと、罪悪感に苛まれました。

ひどい気分のまま、家に戻ることにしたんです。

 
しかし、その翌々日。

仕事へ向かう準備をしていたモートンさんは、子猫の鳴き声を耳にします。

近所の家屋へと近づいてみると、鳴き声もよりはっきりと耳に届いてきました。

どうやら、建物の下の方から聞こえてくるようでした。

 
家の基部にまで潜り込み、手を伸ばして探ってみると…

なにやら温かくてふわふわとしたものが、モートンさんの手に触れました。

 
そっと手で包んであげると、子猫は再び大きな声で鳴き始めたんだとか。

モートンさんは彼を外へと連れ出すと、そのままアニマルシェルターの責任者の元へと直行します。

家族と再会した子猫は、すぐに母猫からミルクをもらおうとしていました。

その姿を見ているうちに、心が喜びで満たされて、それまでの疲れが消えていくように感じたんです。

関連:『生後4週間にも満たない子猫を預かってほしい』 快く引き受けた里親のもとにやってきたのは、全く物怖じしない子猫だった!

感動の再会

本当は、すぐに仕事に向かうべきだったんですが…

その時点で二時間も遅刻していたので、数分くらいは誤差かな、と思って。

 
猫の家族の感動的な再会を、しっかりと見届けたモートンさん。

親切な警官の行いには、きっと猫の家族たちも感謝していることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ