【子猫】 母猫に置き去りにされた、目も開いていない子猫。障害に負けず生き抜くと決意した彼女は、たくましく成長していく!

ある日、アメリカ・ロサンゼルスに住むある女性は、裏庭でまだ目も開いていない1匹の子猫を見つけました。

ずっと鳴き続けており、明らかにお腹を空かせている様子です。

母猫が戻ってくるかもしれない。

 
そう思った女性は子猫を暖かい場所に置き、母猫が現れるのを待ちましたが…

一向にやってくる気配はありません。

使命感

その後Facebookで協力を求めると…

保護団体Wrenn Rescuesのボランティア・アシュリーさんが投稿に気づき、即座に行動を起こしてくれました。

私の中の何かが「すぐに彼女を引き取りに行かなきゃ!」と言っていたんです。

すでに夜9時を回っていましたが、連絡を取り子猫を迎えにいきました。

 
自然界では、母猫が育つ見込みのない子猫を捨てることはよくありますが…

そのときは、何が原因なのか全く見当もつかなかったのだとか。

 
しかし、家に連れ帰りミルクを与えようとしたところ…

アシュリーさんは、彼女が「口蓋裂」を患っていた事に気が付きます。

上顎から鼻にかけて小さな穴が空いていたんです。

哺乳瓶でミルクをあげるのは安全ではないので、チューブを使う必要がありました。

 
そんな障害を抱えながらも…

アエラと名付けられた子猫は、生きるためにたくましく戦います。

まるで私が助けているとわかってくれているみたい。

チューブが必要なこと以外は、今の所本当に普通の猫なんです。

 
ご飯のたびにお腹いっぱいになるまで鳴く彼女は、数日のうちに体重を100gも増やしました。

 
ママにしてもらったことを思い出すのでしょうか…

歯ブラシで毛繕いしてもらうのが大好き。

 
そのままアシュリーさんの手の中にハイハイして、丸くなって寝てしまうそうです。

関連:【子猫】 保護され、最高のおもてなしを受けた子猫は…優しい人間のパパから、くっついて離れなくなった!!

たくましく生きて

その後も、すくすくと成長を遂げているアエラ。

彼女は、自分の命に感謝し…

絶対に生き抜くと決めているようです。

 
小さな体で戦い続ける子猫が、これからも元気に育ってくれることを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ