生後まもない「小さすぎる」子猫を拾った男性。その数日後、ふと母猫が現れて?

ある日、農場で働く男性が、1匹の子猫を発見しました。

その身体は…生まれたばかりであることを考慮に入れても、あまりに小さかったといいます。

 
呼吸もうまくできず、見るからにつらそうな様子。

 
農場でよく見かける猫が生んだのだろうと直感しましたが、母親を探している時間はありません。

 
男性は子猫を家に連れて帰り、奥さんと共に必死の看病を続けました。

親子の再会

その結果…

何とか一命を取り留めることに成功!

 
そのまま夫婦は彼を「ピーナッツ」と名付け、家族に迎え入れることを決めました。

 
それから、1週間ほど経ったときのこと。

男性の前に、ピーナッツの母親と思われる猫が姿を見せたそう。

 
そして彼女が連れていた2匹の子猫を見て、男性はハッと気づきます。

 
どうやらピーナッツは…

「予期せぬ早産」によって、彼らより先に生まれてしまったようです。

 
お腹にまだ別の子猫を身ごもっていた母猫が、どうすることもできず、泣く泣くその場を去っていった様子が容易に想像できました。

それでも、やっぱり息子のことが気がかりでならなかったのでしょう。

残りの2匹を無事に出産した後、彼女は何とか保護されていたピーナッツを探し当て、男性のもとへとやってきたのです。

 
すくすくと成長していたピーナッツを見て、とてもうれしそうな母猫。

男性は、彼女や他の2匹の子猫たちも、一緒に面倒を見ることに決めました。

関連:トラックの中から現れた親子猫。そして母猫は、何か言いたげな目で…

また一緒に

飼い主さんや母猫たちの愛情に包まれて、ピーナッツは日々、元気に成長しています!

 
体の大きさも、他の兄弟猫たちと同じくらいになりました。

 
ただ、甘えん坊なところは変わっていないみたいです(笑)


 
命の危機を乗り越えて手に入れた、家族一緒の幸せな生活。

末永く、幸せな日々が続くことを願ってやみません(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ