【子猫】 後ろ足にマヒを抱え、母猫にも捨てられた子猫は…保護された先で、経験豊富な「犬のお母さん」に出会った!!

米アラスカ州で発見された、生後3週間の子猫・ハーパー。

 
その後ろ足は麻痺してしまっており…

まったく動かすことができない状態でした。

育ての親に

自力でご飯を食べられないため、毎日2-3時間おきの食事にもサポートが必要です。

そこで地元のレスキューグループの代表であるシャノンさんが、彼を引き取ることに。

レントゲン検査をしたところ、ダメージを受けたと思われる下半身の部位は、ずっと前にもう治りきっていました。

獣医の先生いわく、「おそらく産道で押しつぶされてしまったのだろう」と。

 
うまれながらに障害を抱え、母猫にも置いていかれて…

それでもハーパーは、好奇心旺盛で甘えん坊で、なにより辛抱強い、素敵な性格の持ち主でした。

 
シャノンさんの自宅では、すでに3匹の犬が暮らしており…

中でもシンダーは特に面倒見がよく、足を動かせない新入りに優しく接していたといいます。

ハーパーには、自分以外の動物の仲間を作ってほしい、と思ったんです。

子猫にとっては、とても大切なことですからね。

 
これまでもたくさんの猫や犬の保護者役を担ってきたシンダー。

 
ハーパーも、包容力のある彼女へあっというまに心を開き…

見守られている安心感からか、少しずつ元気を取り戻し始めます。

 
やがて身体が十分に大きくなったハーパーに、シャノンさんは専用のカートを用意してあげました。

これで、後ろ足が動かなくても、自由に動き回ることができます。

 
こうして、「ふたりの親」に見守られながら…

子猫はその後も順調に成長を重ねていきました。

関連:【子猫】 小さな野良の子猫を育てるゴールデンレトリバー。一緒にご飯を食べたり、お風呂に入ったりする姿は…もはや本当の親子!!

まだまだ甘えたい

生後6か月になったハーパーは、身体もかなり大きくなりました。

それでもまだまだ、犬のお母さんには甘えたい盛りのようです。

本当に可愛らしい男の子に育ってくれました。

シンダーが苦労して育てた甲斐があった、というものです。

 
種族の垣根を越えて、かたい絆で結ばれた2匹。

見ているこちらまで、胸が暖かくなるようなエピソードですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ