デイケアに通う1匹のピットブル。犬がたくさんいるために『良い寝場所』を見つけられなかった彼女は…やがて、こうした!!

子犬の頃からデイケアに通っていたピットブル・エドナの趣味。

それは





 
他の犬の体を「枕」代わりに、お昼寝することなのだとか(笑)!

 
いつも周囲にたくさんの犬たちがいるため、心地いい寝場所を見つけるのに苦労するうち…

彼女は、この解決策を思いついたようです( *´艸`)

快眠

エドナの飼い主・ブリアナさんは語ります。

みんな、彼女がすり寄るのを楽しんでくれているみたい。

 
ときには、自分より小さな犬を枕にすることもありますが…

友達は全く気にしていない様子。

 
みんな、喜んで彼女に体を貸します。

家に帰る時間になると、いつも他の犬から引きはがさなければならないんです。

関連:1通の置き手紙を添えて、ピットブルの子犬を施設の前に捨てた少年。その「やるせない理由」を知って…涙があふれた

みんなの反応

SNSではエドナに心を溶かされた多くのユーザーからコメントが寄せられています。

●ピットブルは昔、“子守犬”だったのよね。人を守ってくれるし、子どもにはとても優しいの。お金持ちの人たちは、誘拐犯や子供を傷つけようとする人たちから守るために幼稚園にピットブルを置いていたのよ

●ママは彼女が家でもお昼寝できるように、ふわふわな犬を引き取る必要があるわね

●とっても素敵!ピットブルは最高の甘えん坊さん。暖かいところにすり寄って寝るのが好きなのね

 
ふわふわの毛に包まれて寝る、至福のひととき。

なんともほっこりさせられる光景に、見ているコチラまで癒やされますね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ