【子猫】 自宅の庭先でこっそり水を飲んでいた子猫の兄妹。そのうち1匹が、ご飯をねだりに玄関先までやってきて…?

自宅の庭先に、4匹の子猫が集っているのを発見したアリエルさん。

どうやら、飼い犬用の飲み水を求めてやってきたようでしたが…

彼らは私たちの物音を聞き、すぐに敷地のフェンスの向こうまで逃げて、茂みに飛び込んでいってしまったんです。

お腹を空かせて

アリエルさんは、また子猫たちが戻ってくるかもしれないと思い、ご飯を用意して庭先に置いておくことにしました。

食べているところを目撃することはありませんでしたが…

一時間半ほどもすると、ご飯は全部なくなっていましたね。

 
それから数日後。

アリエルさんの家族は、裏の玄関から猫の鳴き声がするのに気づきます。

 
その主は…庭先にやってきた4匹の中でも、もっとも小柄だった1匹でした。

 
どうやら空腹に耐えかね、おそるおそるご飯をねだりにきた様子。

アリエルさんはすぐに食事を用意すると、それをフェンスの近くに置いて…

自分も傍に腰かけ、子猫が来るのを待ち続けました。

彼女はどうやら独りぼっちで、他の兄弟たちの姿はどこにも見えませんでした。

かなり野生の本能が強いみたいで、ご飯を食べてくれるようになるにはしばらくかかりましたね。

 
やがて、子猫は何度もアリエルさんの自宅を訪れるようになり…

最終的には、手から直接ご飯を食べるほどに心を許してくれたのだとか。

 
そんな姿を見て…アリエルさん一家は、彼女を家族の一員とすることに決めました。

女の子だと知らなかったので、ビリーという名前を付けてしまったんです。

動物病院に連れて行ったところ、今まで野生で暮らしていたとは思えないほどに健康でした。

 
避妊処置やワクチンも施してもらい、準備完了。

 
アリエルさんの息子とはすぐに仲良しになり…

先住犬と一緒に、玄関でその帰りを待つようになったそうです。

 
こうして屋内の生活にもすっかり適応したビリー。

 
最初はあれほど怯えていたのが嘘のように、今ではすっかりくつろいでいます。

関連:【子猫】 凍える夜に、雪の下から子猫を保護した警察官。新しい家族を見つけようとしたけれど…「運命」はすでに決まっていた!

いつのまにか

当初は猫を飼う予定のなかったアリエルさん一家ですが…

今ではビリーなしの生活など考えられないほど、その絆は深まっています。

 
自分にぴったりの居場所が見つかって、本当によかったですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ