【子猫】 公園で見つかった、小さな子猫。一目惚れした病院スタッフが自宅に連れ帰ると、後に『ある事実』が判明して…

イギリスのウォルヴァーハンプトンにある公園で見つかった、1匹の野良猫。

保護された後、動物病院へ診察を受けに来た彼を見て…

スタッフのエミリーさんは、その愛くるしさに心を奪われ、引き取りを決めます。

子猫は生後約3、4週間ほどでした。

角膜浮腫を患っていますが、視力に問題はなく、日常生活に支障をきたすことはありません。

大きくなれない子猫

ところが、しばらくして…

エミリーさんは、マンチーと名づけた子猫の体が、ほとんど大きくなっていない事に気づきます。

 
さらに突然、健康状態が悪化。

病院につれていくと、血中カルシウム濃度が低くなる「副甲状腺機能低下症」を患っていたことが判明しました。

 
一時はゾッとしたものの…特別食と適切な治療のおかげで、マンチーの容態は徐々に安定していき、体重も増加。

元気になった新入りを、先輩たちは喜んで迎え入れたといいます。

 
お兄ちゃん猫たちは小さな弟をよく可愛がり、家の周辺の縄張りを見せて歩くのだとか。

 
特にアスランとはとても仲が良く、いつでもなにをするのも一緒です。

 
たくさんの愛に包まれて、子猫はぬいぐるみのように愛らしく、個性豊かに成長していきました。

マンチーはおもちゃで遊ぶことをはじめ、眠ることや注目を集めることが好きです。

もちろん食べることも大好きで、チキンには目がありません。

関連:【子猫】ガリガリに痩せた母猫から生まれた、たった1匹の子猫。里親のサポートを受けて無事に育ち、親子揃って幸せを掴んだ!

大きくなれなくても

生後7ヵ月になりましたが、体重は1.7kgほどしかありません。

それでも…彼の表情からは、幸せが溢れています。

 
困難を物ともせず、前を向き続けるマンチー。

素敵な家族に囲まれて、これからも元気に「第二の人生」を歩んでいってほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ