【子猫】動物保護シェルターに届けられた子猫。里親を必要としている彼を預かったら…隔離生活中の良き相棒になってくれた!

ある日、シェルターによって保護された1匹の子猫。

 
生後3週とまだ小さい彼は、里親を必要としており…

動物レスキュー団体「Saving Grace Rescue」の創設者であるアンバーさんが、募集を出します。

 
すると、里親ボランティアの1人が救いの手を差し伸べてくれることになりました。

可愛さに磨きがかかって

モンキーと名づけられた子猫は、楽天家で素敵な個性の持ち主です。

新しい環境にもすぐに慣れ、2日目には里親ママのバスローブの上で丸くなっていたそう。

 
たっぷりと愛情を注がれた彼は、可愛さに磨きがかかり…

ぬいぐるみのように愛くるしい子猫へと成長していきました。

 
お家の中ではママの後ろをついて歩き、新しいおもちゃを渡すと、くわえて持ち歩くのだとか(*´艸`*)

関連:【子猫】 兄弟を亡くし、たった1匹生き残った子猫。母猫の深い愛情を一身に受けた彼は…やがて元気なイタズラっ子に成長した!

心の支え

アンバーさんによると…

カリフォルニアで外出禁止令が発令されたときには、一緒に隔離生活を送ったそうです。

 
里親ママは、いたずらっ子のモンキーがそばにいたおかげで、いつも笑顔を絶やさなかったといいます。

 
好奇心が強く遊び心にあふれた子猫が、これからも誰かに幸せを与え…

そして、自身も同様の幸せを体いっぱいに感じられるよう、切に祈ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ