愛する主人を新型コロナウイルスで失ったミックス犬は、それでも『再会』を願って…病院でいつまでも待ち続けた

今年2月、中国の湖北省にある武漢泰康病院に、一人の老人が運び込まれました。

 
彼の身体は、新型コロナウイルスに侵されており…

残念ながら運び込まれて5日後に、息を引き取ってしまったそうです。

健気な忠犬

亡くなった男性は、7歳になるミックス犬・シャオバオを飼っていました。

 
そして、病院の清掃を担当するチュウさんによれば…

シャオバオはご主人がなくなった後も、病院のロビーでずっと待ち続けていたといいます。

 
中国語で「ちいさな宝」という意味の名前をもらった彼は…

それから何日もの間、病院のロビーを離れようとしませんでした。

 
院内売店のオーナーは語ります。

たいへん忠誠心の厚い犬で、けっして病院を去ろうとはしませんでした。

飼い主の帰りをずっと待ち続けている、というのは、目に見えて明らかでしたね。

 
しかし、大好きなご主人が亡くなってから三か月ほど経った頃。

廊下をうろうろと歩き回る彼を見兼ねた病院のスタッフの方が、さすがに問題視し始め…

シャオバオは、地元の動物保護団体へと預けられる運びになりました。

 
再会への希望が断たれた瞬間。

仕方のない対応とは言え…心の傷の大きさは、測り知れません。

関連:動物たちに囲まれて育った優しいジャーマンシェパード。やがて出会った「最高の相棒」は…小さなネズミだった!

みんなの反応

●言葉が分からないワンちゃんからしてみれば、急にいなくなった大好きなご主人に「捨てられた」と勘違いしてしまうかもしれないな…

●これほどに忠誠心を示してくれる犬たちに、俺たちは報いることが出来るのだろうか

●せめて、遺体を見せてあげることができたらなぁ…

●お別れを言うことさえ出来ないの、本当に切ない…

 
不憫な忠犬に、ネット中から同情の声が集まりました。

彼の今後が少しでも幸せなものになるように、祈らずにはいられませんね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ