【子猫】 多指症と形成不全によって、カンガルーの様に立ち上がる5匹の子猫たち。彼らは障害に負けず、元気に成長した!!

ある日、アメリカ・ワシントン州の保護シェルターに運びこまれた母猫と5匹の子猫。

 
指が通常よりも多い「多指症」を抱え、さらに骨の形成不全によって短くねじれた前足を持つ彼らは…

皆、カンガルーのように立ち上がって過ごしていました。

仲良し兄弟

まるで「一緒におうちにかえる準備ができました!」と言うように歩み寄ってきた母猫の姿をみて…

保護団体PAWSのメンバーであるアシュリーさんは、すぐに心を溶かされてしまったと言います。

家族みんな指が多く、何匹かは6本もあるんです。

でも本人たちは気がついていないようで…普通の子猫のように遊んでいます。

 
その後、アシュリーさんは家族みんなを家に連れ帰り、お世話を開始。

 
4匹の男の子はルー、スキッピー、ジョーイ、ポーチー、1匹の女の子はマリリンモンロー、そして母猫はカンガと名付けられました。

 

みんな立ち上がって遊びますが、結局かわいいボクシングの試合みたいになるんです。

 
たっぷり遊んだ後は、大きなベッドで一緒にグッスリと眠る子猫たち。

 
一方のママ・カンガも、おっぱいの時間以外は、彼らを離れて見守るようになり…

同時に、人間と過ごす時間の楽しさを知り始めます。

 
子育て卒業の時は、もうすぐです(*´∀`*)

関連:【子猫】庭に現れた子猫が、いつの間にかニワトリ小屋の中に。以来、そこで1日のほとんどを過ごすようになった結果…!?

新しい家族の元へ

その後、必要な準備を終えた子猫たちは、それぞれに生涯のお家へ旅立っていきました。

同じような障害を抱えた猫たちは、手術なしでも健康で長生きしてくれています。

新しいママやパパが、それぞれの子猫にとって一番いい治療を選択してくれるでしょう。

 
ヤンチャな彼らは、これからもますます、その魅力を花開かせていくことでしょう!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ