【子猫】 寂しがり屋なのに、一人ぼっちで生きてきた子猫。そんな彼女に、面倒見の良い「先輩猫」を紹介してみたところ…?

ある日、ロサンゼルスを拠点に活動している動物レスキュー団体「Alley Cat Rescue」に、1本の連絡が入ります。

 
ひとりぼっちで道路をさまよっていた生後2週間の子猫が、動物保護シェルターに保護されたものの…

世話をする余裕がないため、引き取ってもらえないかとのこと。

 
施設は頼みを快諾し、子猫を受けいれ、ノエルと名づけました。

愛情に包まれて

スタッフは、ひとりになるのを嫌がる彼女のために、先輩猫を紹介します。

お世話好きの彼は、小さな鳴き声を聞きつけるとすぐに駆けつけたのだとか。

 
ノエルは温かい被毛に鼻をすり寄せて、幸せそうにリラックスします。

 
どうやら先輩猫の「ゴロゴロ音」が、彼女の心を落ち着かせるようです。

 
強力な助っ人のおかげで、すくすくと大きくなっていくノエル。

保護された当初は病気にかかっており、最初の1週間はまったく食欲がありませんでしたが…

徐々に健康も回復し、体重もどんどん増えていったといいます。

関連:【子猫】 立派な口ひげを持つ子猫。元気いっぱいな彼は…その愛らしさとハンサムな見た目で、あらゆる人を虜にした!!

大変身を遂げた子猫

やがて個性も花開き、ノエルは自信たっぷりで遊び心いっぱいの猫へと成長していきました。

当初は、愛情に飢え食事にもありつけず、強い意志の力だけでなんとか生きている感じでしたが…

元気になった今では、愛らしくゴージャスな子猫に変身しましたよ!

 
スタートこそ辛い野良生活でしたが、もう悲しい思いをすることはありません。

これからは居心地が良くて安全なお家の中で、たくさんの愛情に包まれながら暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ