【子猫】 母猫とはぐれた子猫たち。厳しいノラ猫暮らしを卒業し、優しい先輩猫から愛情を注がれると…見違えるように成長!

ある日、地域猫たちに避妊・去勢手術を施していた動物レスキュー団体「Alley Cat Rescue」のボランティアは…

小さく、目が悪い1匹の子猫を発見しました。

 
その後、駐車場の茂みから他にも4匹の子猫が見つかります。

母親猫の姿は見当たらず、みんな汚れていて全身ノミだらけ…ご飯を探すのも苦労していた様子です。

 
ボランティアたちは彼らを保護し、施設に連れて帰りました。

子猫たちは上気道感染症にかかっていたので、抗生物質と寄生虫駆除薬を投与しました。

目が悪い子は、もう少し大きくなったら、眼球の摘出手術を受けなければならないそうです。

愛情に包まれて

まもなく子猫たちは里親ファミリーのもとに引き取られましたが…

その家には、とっても頼りになる先輩猫がいました。

 
かつて自身も保護猫だった彼は、親猫の愛情を知らない子猫たちを見ると、世話をせずにいられない様子。

もちろん今回やってきた子猫たちも例外ではなく…すぐに彼らを抱き寄せて、毛づくろいを始めたといいます。

 
おじいちゃん猫の優しさに触れ、みんなとても嬉しそう!

 
特に目が悪い1匹は、ベッタリくっついて離れません。

 
ほかの子たちがベビーサークル内を走り回っている間も…

彼女だけはおじいちゃん猫のそばに横たわり、幸せそうにのどをゴロゴロと鳴らしていたのだとか。

関連:【子猫】 意気消沈していた男性が、2匹の子猫を保護。忙しくお世話をするうちに、自らの心もだんだんと癒されていき…

明るい未来

素敵な先輩猫のサポートのおかげで、里親ケアは大成功です。

 
すっかり元気になった子猫たち。

明るい未来を手に入れた彼らに、これからもたくさんの幸せが訪れることを祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ