【子猫】 誰にも心を開かず、独りっきりになりたがっていた内気な子猫。でも「気の合う兄弟」との出会いで、世界が一変して…?

米カリフォルニア州のとある家の裏庭で発見された子猫・マカロニ。

 
彼は救助団体を経由して、里親のレイシーさんの元へと預けられますが…

内気な性格ゆえ、なかなか人間に心を開いてくれませんでした。

運命の出会い

抱きかかえようとすると、嫌がって鳴きだすんです。

のどを鳴らしてリラックスするようなこともなくて…

いつも独りぼっちでいようとする彼の姿を見ると、心が痛みました。

 
レイシーさん一家は協力して、マカロニが居心地よく過ごせるように手を尽くします。

しかし、どれほど寄り添おうとしても、彼は応えてくれません。

 
そこで、「もしかしたら猫の仲間が必要なのかもしれない」と考えたレイシーさんは…

マカロニを救助した団体に連絡を取り、子猫をもう1匹引き取ることは出来ないか、と相談します。

偶然にも、救助されたばかりの子猫がいたんです。

その子猫は、ゴミの中に埋もれてしまっていたところを、幸運にも業者の方に見つけてもらったと聞きました。

 
翌日、レイシーさんはマカロニを連れて、もう1匹の子猫を迎えに行きます。

そして顔を合わせるなり…2匹はあっという間に意気投合!

家に帰るまでの間、ずっと一緒に寄り添っているほどでした。

お互いがお互いを必要としている、ということが、目に見えて明らかでした。

もう1匹の子猫は、深いオレンジ色の毛並みだったので…

なんとなく、チーズ、と名付けるのが自然なように感じました。

 
人の手によって救助されたという経験を持つ猫同士、心が通じ合ったのでしょうか。

年頃もだいたい同じくらいで、まさに双子の兄弟のように仲良しです。

 
以来、シャイなマカロニは目覚ましい変化を遂げました。

恥ずかしがり屋なのは変わりませんが、チーズに上手く助けてもらっているんです。

2匹そろって家の中を探検したり、お互いを追いかけまわって遊んでいますね。

 
チーズと出会うまでは、のどを鳴らすこともなく、抱っこされると嫌がって鳴いていた彼でしたが…

 
兄弟と出会ってからは、世界が180度変わったかのようです(*´艸`*)

お互いに寄り添い合っている時間が、一番好きみたいですね。

小さな子猫だった彼の運命が、良い方向に変化したんだと思うと、涙が出そうになります。

関連:母猫の温もりを求めて泣き続けていた3匹の子猫。里親の愛情を一身に受けて「立派な甘えん坊」へと大成長!

最高のコンビ

その後、彼らは幸運にも、同じ飼い主さんの元へと引き取られていきました。

 
その名前の通り、相性抜群のコンビとなったマカロニとチーズ。

これからもずっと一緒に、仲良く暮らしていってほしいものです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ