【子猫】多頭飼育の現場から救出された姉妹の子猫。支え合って生き延びた2匹は優しい飼い主に出会い…『これからもずっと一緒』

多頭飼育の現場で保護された子猫の姉妹・テルマとルイーズ。

 
彼らは9匹の子猫とともに、米ウェストバージニア州の団体「Itty Bitty Kitty Committee」へと引き取られ…

 
身体を綺麗にしてもらい、それぞれに必要な治療を受けました。

運命の出会い

それからしばらくして、1人の女性が、助けを必要とする子猫の様子を見に訪れます。

 
そして彼女は、寄り添うテルマとルイーズを目にした瞬間…

「この2匹を引き離すことはできない」と感じたのだとか。

一緒に引き取れば、互いの存在が新しい環境に慣れる助けになります。

そして、生涯の友人にもなり得るんです。

 
こうしてめでたく、彼らは揃って女性の家へと引き取られていきました。

関連:【子猫】母猫と死別したシャイな子猫。なかなか人間に心を開けなかった彼女は…「片目のお友だち」と出会い、信頼を学んだ!

精一杯楽しんで!

聞けば、2匹を迎えて2日後、女性は不運にも緊急手術を受けることになったそうですが…

家に戻ると、テルマとルイーズはまるで看病をするかのように、すり寄ったり隣で過ごしたりしてくれたと言います。

キャットツリーで遊んだり、トンネルに隠れたり、必要な時には仕事を手伝ったりしてくれるんです。

 
辛い境遇を生き抜き、毎日を精一杯楽しむ姉妹の子猫たち。

これからも、どうか2匹仲良く、素敵な思い出をたくさん紡いでいってほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ