【子猫】 2匹の姉妹猫を保護したら、のちにもう1匹の『弟』も見つかった。再会を果たした子猫たちは、ハグで喜びを分かち合う

ある日、木の下で箱の中に置き去りにされた2匹の姉妹猫・カネリとバニラを見つけた保護活動家・ジョーンさん。

その日の気温は37度を超えており、子猫たちは暑さでハアハアと荒い息をしていたと言います。

完全にぐったりとしていましたが…

驚くべきことに、彼らはまだ生きていたんです!

 
その後、自宅へと連れ帰り急いでミルクを与えると…

 
1日もしないうちに、彼らは元気を取り戻し始めました。

もう1匹の猫

ほっと胸をなでおろしたのも束の間、1週間後、彼女はまた思いがけない光景を目にします。

地域猫たちにご飯をあげに出かけると、竹やぶの中から鳴き声が聞こえ…

慌てて探しに行った先で、バニラとカネリにそっくりな2匹の子猫を見つけたのです。

 
母猫が竹やぶの中に子猫を隠して、数日前から完全に育児を放棄していたのでしょう。

残念ながら1匹の子猫はすでに命を落とし、もう1匹もとても危険な状態でした。

ここまで一人ぼっちで生き延びたのは、奇跡としか言いようがありません。

彼は最後の力を振り絞って助けを呼んだのでしょう。

 
ジョーンさんの家でケアを受けた彼は、まもなく先に保護されたお姉ちゃん猫たちと再会することに。

すると、出会ってすぐに…

 
バニラとカネリは彼を抱きしめたそうです。

 
以来、チリと名付けられた弟猫は、お姉ちゃんたちへベッタリになりました。

2匹の姉から受け取る大きな温もりと安らぎは、彼の生命力の一部になっています。

姉妹や私からの身体的な触れ合いは、彼に“生きたい”という意志を与えているんです。

関連:【子猫】偶然お店で出会った寂しそうな子猫。慰めるつもりで抱っこしてみたら…どうやっても、離れてくれなくなった!

強い絆

無論、1歳を迎えても…

 
彼らの間の強い絆は健在です。

 
今ではチリの方が大きくなってしまいましたが、バニラとカネリは今でも彼のことを溺愛しているのだとか(*´艸`*)

チリを救うために色々な手を尽くしましたが…

バニラとカネリなしでは、絶対に叶いませんでした。

 
昔と同じように、弟を抱きしめるお姉ちゃん。

仲良しの猫たちは、これからも楽しい思い出をたくさん紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ