【子猫】車のエンジンルームから出てきた子猫。放っておけず自宅に連れ帰ると、ボクサー犬が保護者役を買って出てくれて…

自動車販売店に勤めていたウィルさんは、車を修理している最中にエンジンルームに入り込んでいた1匹の子猫を発見します。

ボンネットを開けると、子猫の小さな頭がちらりと覗いていたんです。

同僚に助けを求めて、数時間かけて彼を救出しました。

大きな保護者

この辺りでは、最近は雨の日が続いていたので…

もしかしたら、雨宿りしていたのかもしれません。

 
子猫を放っておけるはずもなく、ウィルさんが自宅で保護してあげると…

ボクサー犬のレノックスは、新しくやってきた住人を大歓迎!!

 
どうやら幼い子猫を見て、「自分が守らなければ」という使命感が湧いたようで…

その日以降、彼が保護者役を買って出てくれたのだとか。

 
子猫がソファーに座ればその横にピッタリと寄り添い、他の部屋に移されれば扉の外でじっと待つなど…

四六時中休むことなく、傍に居ようとします。

 

本当に、笑ってしまいそうになるくらい子猫に夢中ですね。

たくさんの愛情を注いであげています。

 
子猫が毛布に包まって眠るときは、そのすぐ隣で見張り番。

ここまで来ると、ちょっと過保護…かもしれません(笑)

関連:【子猫】古びた家で、雨漏りに備えバケツの用意をしていたところ…天井から落ちて来たのは、水ではなく「子猫」だった!?

家族であり友人

一方で子猫のほうも、レノックスにすっかり懐いたようです。

頼りになる友人ができたと思っているのかもしれませんね。

 
雨を避けて忍び込んだ先でこんな素敵な出会いが待っているとは、予想だにしなかったことでしょう。

守り守られの凸凹コンビとして、これからも仲良く幸せに暮らしていくことを願います!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ