【子猫】 早産のために体が小さく、母猫に育児放棄された子猫。愛情を求めて、やがて出会った人間のパパにくっつき続ける!

早産で生まれた子猫のゲイリーは、とても小さな体の持ち主でした。

 
そのためか、母猫が育児を放棄してしまい…

生後8週間ほどで、彼女は人の手に引き取られることになったのです。

もう一人の親

飼い主となってくれた男性の家にやってきたゲイリーは、早速お父さんの腕の中で丸くなり、すやすやと眠り始めました。

 
それからというもの、くっついて甘えるのが癖になってしまったゲイリー。

文字通り、四六時中いっしょにいようとするのだそうです。

 
特に首元はお気に入りの昼寝スポット。

 
彼女にとっては、飼い主さんのプライバシーなどお構いなしで…

いかなる時も離れようとしません。

 
そんな生活が3ヶ月ほど続いたころ…

もう一匹の子猫・アルテミスが家にやってきました。

 
対面した2匹はあっという間に意気投合し、まるで姉妹のように、いつでも寄り添いあい始めます。

甘えん坊なゲイリーにも、「年上の自分が面倒を見てあげなければ」という責任感が芽生えたようです(*´∀`*)

関連:【子猫】母親に置き去りにされ、愛情を求めて鳴き続けていた子猫。しかし、人間のお母さんとの素敵な出会いが、全てを変えた!

手に入れたもの

とはいえ…

2歳を迎えてからも、ゲイリーは隙あらば、パパに対する「構ってアピール」を繰り出しているのだとか(笑)

 
身体は他の猫ほどには大きくなりませんでしたが、胸いっぱいの幸せを手に入れることが出来た子猫。

 
これからも大好きな家族と、にぎやかな暮らしを送っていって欲しいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ