人前で絶対に歌わない母。その「理由」を知って、悲しくなった

オペラ歌手の谷本 雅 Miya Tanimoto (@miyat0111)さんが投稿した、ご自身のお母さんのエピソードに注目が集まっています



 
「言葉は凶器にもなる」

本当に仰るとおりですね。

教育者の責任

どれほどの才能や情熱を持った方でも…

最初に触れる「たった一言」によって、夢を諦めてしまう可能性があります。

 
誰かを評価し、自分の主観を伝えること。

その責任について、深く考えさせられるお話です。

関連:中学の恩師『手のひらを見せてみろ』 何事かと思ったら…泣きかけた

みんなの反応

●一緒だーーーー!!!小学生のとき先生に「◯◯(兄)は上手かったのに」って言われてから歌えなくなった。ヒトカラしか行けない

●分かる!私も絵がとんでもなく下手なんだけど、それにトドメを刺したのが高校の美術の先生。「お前ほんと絵心ねぇなぁ」と。未だに絵を描くのは苦痛。私の場合は実際下手なんだけど、先生に言われるショックはデカイ!!

●このお話、本当に悲しい…。でも、「私、音痴だから」といって自分から歌わない人も結構見かけます。きっと傷ついた経験があるんだろうなぁと

●私は小学生の頃に音楽の先生に言われ人前で歌えなくなり、中学生以降、歌のテストは全部授業を避けていたら、中高の音楽の先生に昼休みに呼び出され、二人きりで音楽室で歌のテストをされ『あなたの声はキレイだから自信を持っていいのよ』と言われて救われた思い出。他人の一言は毒にも薬にもなる

 
胸がつまる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ