【子猫】心臓に疾患を持ち、長くは生きられない可能性のある子猫。それでも、なんとか幸せになって欲しいと奔走した結果…?

カナダ・ケベック州のシェルターで保護された、1匹の小さな黒猫。

心臓に疾患があることが判明したものの、施設内には治療を行うための十分な設備がありません。

 
とはいえ、小さな命をあきらめられるはずもなく…

スタッフは動物レスキュー団体「Chatons Orphelins Montreal」に助けを求めました。

重い病気を患って

チュークと名づけられた子猫は、レスキュー団体に引き取られ、動物病院で専門家の診察を受けることに。

 
スタッフのセリーヌさんは語ります。

チュークの寿命は、わずか数ヵ月から数年ほど。

重度の心臓病のため、毎日欠かさず薬を飲まなければなりません。

 
里親ファミリーとの生活にも、すぐに慣れることができたチューク。

 
健康がすぐれないにもかかわらず、彼はとても愛想がよく、いつものどをゴロゴロ鳴らしているのだとか。

関連:【子猫】 安楽死を勧められるほど弱っていた子猫の姉弟は…1人の女性の『断固たる意思』によって、美しい猫へと蘇った

ついに「生涯のお家」が見つかった

スタッフたちは、チュークがふさわしい家族に出会えるよう願いながら、Facebookに彼のことを投稿します。

 
そんなある日、とある家族が彼に会いにきてくれました。

彼らはひと目でチュークのことが気に入り…

子猫のほうも「優しい家族」に出会えたことを理解したようです。

 
その日のうちに彼は引き取られ、ノエルという新しい名前をもらいました。

どうかこれからも幸福な日々を積み重ねていけるよう、心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ