【子猫】 配達員によって「段ボール箱」に入れられ、保護された子猫たち。彼らは、その時の安心感が忘れられなかったようで…

郵便局の配達員が、配送用トラックを運転していたところ…

1匹の子猫が、その前方に飛び出してきました。

 
配達員の女性は驚いてすぐに停車し、子猫を抱え上げます。

 
どうやら彼女は、誰かに助けを求めているようでした。

最高の待遇

女性は子猫を段ボール箱に入れて、野良猫の保護団体スタッフが暮らす住宅へと届けます。

 
チャーリーと名付けられた子猫は、身体のノミをきれいに取り除いてもらい…

さらに、たくさんのご飯を食べさせてもらいました。

最高の待遇を受けた彼女は、そのまま幸せそうに眠りに落ちてしまったのだとか。

 
それから2週間後。

その地域の猫のコロニーから、チャーリーの弟・ウォレスが保護されました。

 
よほどお腹を空かせていたのか、ケージの中にイワシを置いておくだけのトラップに自分から入ってくれたというウォレス。

必要な治療が終わると、お姉ちゃんのチャーリーとともに、すくすくと育っていきました。

どんな子猫にも、遊び相手というものは必要です。

姉弟が再会することが出来て、本当に良かったと思います。

関連:【子猫】 散歩中、藪の中で子猫を発見。そのまま飼い猫の後ろをついてきてしまったので、一時的なつもりで面倒をみたら…

生涯の家へ

その後、健康を取り戻した2匹は、『生涯の家』へと姉弟一緒に引っ越していきました。

 

チャーリーが届けられた時に入っていた段ボール箱は、飼い主に渡しました。

2匹ともこの段ボール箱が大好きで、その中で眠ったり遊びに使ったりしていたので。

 
親切な人々に導かれて、最高の生活を手に入れた子猫たち。

これからも健やかに暮らしていってくれることを祈ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ