【子猫】 脳の病気で体が震えてしまう子猫。それでも、厳しい野外の生活から救出された後…「立派な飼い猫」に大成長した!

ラスベガス出身のニッキさんが、地域猫の保護活動として野良猫たちに去勢・避妊手術を施していたときのこと。

 
ぶるぶると震えている子猫と、その兄弟たちを見つけた彼女は…

ただちに彼らを保護し、地元の動物クリニックに連れていきました。

辛い野良猫暮らし

やがて去勢・避妊手術とワクチン接種を終わらせ、健康チェックを行ったニッキさんは…

あることが気にかかります。

震えている子の耳が、少し折れていることに気がつきました。

見てみると、耳の中に大きな傷があってかさぶたができていたんです。

恐らくほかの猫かそれ以外の動物に襲われて、噛まれたのでしょう。

動作がゆっくりしているので、車や敵から逃げるのは困難だと思います。

 
ディディと名づけられた子猫は、軽度の小脳低形成症を患っていました。

これまでの野良猫暮らしは、きっと厳しいものだったに違いありません。

 
その後、彼は里子としてニッキさんのお家に預けられます。

恥ずかしがり屋ゆえ、抱き上げると顔を服に埋めてしがみついていましたが…

 
数日が過ぎるころには、すっかり飼い猫の暮らしが板についてきたようです。

 
まもなくディディはボウルから食べることを学び、上手にトイレを使用し、おもちゃで遊ぶようになりました。

体は少し震えていますが、ほかの子猫と同じようになんでもできます!

関連:【子猫】 意気消沈していた男性が、2匹の子猫を保護。忙しくお世話をするうちに、自らの心もだんだんと癒されていき…

幸せになる準備

保護してから2週間も経たないうちに、耳の傷もきれいに治り、すっかり元気を取り戻しました。

 
少しづつではあるものの、着実に成長していく子猫。

近い将来、彼にふさわしい素敵な家族とめぐりあえるよう祈っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ