【子猫】雪の降る日に保護された子猫の姉弟。性格は正反対だけれど、固い絆で結ばれた2匹はお互いのそばを離れようとはせず…

雪が降りしきる、ある日のこと。

マサチューセッツ州・デンバーで発見された2匹の子猫が、動物保護シェルター「The Odd Cats Sanctuary」に届けられました。

 
シェルターの創設者であるタラさんは語ります。

子猫たちは生後5週間ほどです。

恐らく誰かに捨てられたんじゃないでしょうか。

支え合うふたり

里親になった彼女は、お姉ちゃんをベラ、弟をジングルと名づけました。

硬い絆で結ばれている彼らは、けっしてお互いのそばを離れようとはしません。

 
とはいえ、性格はまったく異なるようで…

怖い物知らずのベラは、里親ファミリーに近づいては抱っこをせがみます。

一方、恥ずかしがり屋のジングルは、ベラの後ろをついて歩き真似をしようとするのだとか。

 
彼らは、すぐに飼い猫としての暮らしに慣れました。

凍てつくような寒い雪の日でも、快適なお家の中でいたずらに精を出します。

2匹とも、保護されたことに感謝してくれているようです。

温かい場所にいられて、とても幸せそうにしていますよ。

関連:自宅に引き取ろうとした子猫には、仲良しの弟がいた! 彼らを別れさせたくないカップルは、2匹とも引き取ることに決めて…

幸せになるために

数週間もすれば、「生涯のお家」探しがはじまります。

 
もう屋外で寒さに震えることも、ひもじい思いをすることもありません。

どうか2匹一緒に引き取ってくれるお家が見つかり、彼らがいつまでも仲良く暮らせるよう心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ