【子猫】まるで子リスに見えるほど小さい子猫は…足の障害にも負けず、里親の愛情を一身に受けて、すくすくと成長中!

動物保護団体「Broken Tail Rescue」で里親ボランティアをしているヘザーさんのもとに、1本の連絡が入ります。

聞けば、「野良猫のコロニーで生まれた子猫たちの世話をしてもらえないか」とのこと。

 
快く引き受けた彼女でしたが…後に、その内の一匹を見て驚きました。

 
生後5週間にもかかわらず、ピル・バグと名づけられた子の体重は、たったの226gしかなかったのです。

ほかの兄弟たちの半分くらいの大きさしかなくて…

子猫というよりは、小さなリスのようでした。

ミニサイズの子猫

小さいながらも活動的だったピル・バグは、トイレの使い方もすぐに覚えてくれたといいます。

 
しかし数日後、突然体調が悪化。

 
「死んでしまうのではないか」という不安が、ヘザーさんの脳裏をよぎりました。

それでも彼女は諦めず、1時間ごとにシリングでご飯を与え、しっかりと水分補給をさせるなど…

たっぷりの愛情を込めたケアを続けます。

 
その結果…

彼の体重は徐々に増えて、次第に容態も安定していきました!

 
ピル・バグの成長速度はとてもゆっくりな上…

足が短くて曲がっているため、思うように動かすことができない様子。

とても小柄なので、太り過ぎないように摂取カロリーに注意しなければなりません。

足のために理学療法もはじめました。

 
そんな困難を抱えつつも、彼はふつうの子猫と同じように、遊び心いっぱいです。

わたしの肩の上に乗って髪の毛をおもちゃにして遊んだり、主人のひげにぶら下がって、じゃれつくのが大好き。

家具に飛び乗ったりすることはできませんが、自分の体の状態にうまく順応していますよ。

 
食欲も旺盛で、ご飯の時間になると、お皿に飛び込む勢いで走ってくるのだそう(*´艸`*)

関連:【子猫】 感染症のため、目が開けないほどボロボロの状態で保護された子猫は…優しい人たちの愛情によって大変身を遂げた!

障害にも負けず

やがて生後4カ月半になり、ピル・バグの体重はようやく900gになりました。

まだまだ体は小さいものの…今となってはそれもまた、可愛らしい個性の一つです。

 
里親ママの献身的な看護のおかげで、一命を取りとめた子猫。

彼の将来に素晴らしい未来が待っているよう、願わずにはいられません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ