【子猫】 シェルターに馴染めず、体重すらも失い始めていた子猫は…優しいママのもとで、元気を取り戻した!!

ラスベガスの動物保護シェルターに届けられた子猫のハーパー。

新しい環境になかなか慣れることができず、体重も減り始めていた彼女は…

 
やがて里親ボランティアのパトリシアさんのお宅に、里子として預けられることになりました。

新しいお家で

まずはお風呂で体をきれいに洗い、櫛で何度もすいてノミを駆除。

さっぱりしたのが余程嬉しかったのでしょう。

のどをゴロゴロと鳴らしはじめました。

どうやら、新しいお家が気に入ったみたいです。

 
その後、2匹いる保護猫たちにハーパーを紹介したところ…

最初のうちは威嚇してうなり声をあげていたものの、まもなく無事にお友だちになることができました。

 
みんな里親ママのことが大好きで、膝の上に集まってきます。

とくにハーパーは、お昼寝や遊んでいるとき以外、里親ママの膝の上か肩の上に乗って甘えているのだとか。

彼女は「肩乗り猫」なんです。

わたしが座っていると肩に飛び乗り、首にすり寄ってくるんですよ。

 
さながらマフラーのように、大好きなパトリシアさんの首元を独占していますね(*´艸`*)

関連:窓の外を眺めていた飼い猫が見つけた「ペンキだらけの子猫」。助けを求めていることを悟り、病院に連れていくと…!

次なる冒険

すっかり甘えん坊に育ったハーパーは、いよいよ「生涯のお家」探しへと臨みます。

 
どうか愛にあふれる家族と出会い…

これからも彼女がのびのびと暮らせるよう、心から祈るばかりですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ