【子猫】玄関先から聞こえてくる鳴き声。ドアを開けると、そこには「ナプキンにくるまれた子猫」が捨てられていて…

ある朝、米ルイジアナ州に住む海外掲示板ユーザーのArchChroniclesさんは、玄関の外から聞こえてくる子猫の鳴き声を耳にします。

気になって、扉を開けてみると



 
そこには、ナプキンに包まれた1匹の子猫の姿がありました。

誰かが、うちの前に置き去りにしたのでしょう。

子猫の身体はかさぶただらけで、両目も腫れていました。

深刻な栄養不足により、満足に歩くことすらできなかったんです。

すぐに保護

ArchChroniclesさんは、すぐに子猫を家の中に入れてあげました。

 
彼の身体はあまりにも小さく、手の上に乗せても隙間が出来てしまうほど。

ご飯を用意してあげると、子猫用の缶詰をものの数分でたいらげてしまいましたね。

あまりに興奮していたため、顔中に塗りたくったようになってしまいましたけど。

 
お風呂に入れて身体を綺麗にして、暖かな毛布で包んであげると…

よほど疲れていたのか、そのまま眠りに落ちてしまったのだとか。

 
やがてソウルパッチという名前をもらった子猫は…

それから数日ほどかけて、少しずつ元気を取り戻していきました。

数週間ほどかけて、彼は完全に回復しました。

視力もちゃんと戻ったし、子猫らしく走り回っていますよ。

関連:生まれつき後ろ足がねじれた子猫の兄弟。前向きに育っていく彼らにとっては、「完璧でないこと」さえも魅力の1つだった!

そのまま家族に

そしてソウルパッチは…

そのまま、ArchChroniclesさんの正式な家族として迎え入れてもらえることになったそう!

 
新しくできた猫の友達とも、無事に仲良く慣れた様子。

 
彼の過去に何があったかは不明ですが…食べ物に困るような過酷な暮らしとは、もうお別れです。

これからは安心で快適な家の中で、幸せな思い出を重ねていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ