産まれたばかりの子猫は驚くほど甘えん坊だった。大人の猫に成長しても、保護してくれた家族にぴったりとくっついて離れない

海外のネット掲示板『Imgur』の投稿者bmusserさんは、仕事へ向かおうとしていたときに、近所の庭から聞こえてくる小さな鳴き声に気が付きました。

出所を探してみると、背の高い雑草の中に埋もれるようにして、1匹の小さな子猫が。

母猫が戻ってくるんじゃないか、と思って、しばらくその場で待っていました。

けれども、そうはならなかった。

なので彼を自宅に連れて行って、妻に預けたんです。

どんどんやんちゃに

子猫はまだ生まれたばかりのようで、お腹には臍の緒があり、目もまだ開いていません。

 
幼い子猫を救うため、男性の奥さんは急いでお店に駆け込み…

子猫用のミルクや哺乳瓶を買ってきて、つきっきりでお世話をしてあげました。

 
やがてお腹いっぱいになった子猫は、安心したのか、肩の上ですやすやとお昼寝を始めます。

仕事が終わってから、彼を獣医に連れて行きました。

どうやら、子猫はとても健康な状態だったようで。

年齢も、だいたい生後2-5日ほどだ、と分かったんです。

 
子猫は自分を助けてくれた家族に、とてもよく懐きました。

特にbmusserさんのことが大好きになってしまったようで、腕の中に入ろうとしてきたり、首にくっついたまま眠ってしまうことも。

 
それから1週間後には、無事に目も開き、好奇心旺盛でヤンチャな性格を開花させていきます。

 
みんなの後をくっついて歩き回ったり、腕によじ登ろうとしたりするほか…

後ろ足が満足に動かせるようになると、今度は家の中を探検し始めました。

 
bmusserさんと暮らしていた3匹の先住猫とも仲良しに。

 
特に年上の猫は、「新入り」をこころよく歓迎し、よく面倒を見てあげたといいます。

生後4週間ほどになる頃には、トイレの使い方も覚えていました。

それに、自分ひとりでお皿からご飯を食べられるようにもなったんです。

私たちの息子とも、大の仲良しになったんですよ。

関連:猫嫌いを公言する母のもとに、甘え上手な子猫がやってきた。その結果…あっという間に心を溶かされて、翌日には家族に!!

立派な大人に

やがて、先輩たちとも遜色ないほどに成長した子猫。

 
キャスパーという名前をもらった後も、その甘えん坊ぶりは変わっていないようです。

パソコンの前に座っているときは、だいたいいつも、こんな感じです。

私の首とイスの間に挟まって、そのまま寝ちゃうんですよ。

 
これからも、やさしいパパの温もりを満喫しながら…

幸せに暮らしていってほしいですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ