感染症により失明の恐れがあった子猫。唯一無二の親友がいつもそばで励ましてくれたおかげで…奇跡的に完治し、幸せを掴んだ!

動物保護団体「Alley Cat Rescue」が、地域猫に避妊・去勢手術を施す活動をしていたときのこと。

ボランティアスタッフの1人が建物の隙間に挟まった子猫を見つけ、ただちに救出します。

 
彼女はひどい目の感染症にかかっていましたが…

施設に届けられ、まもなく必要な医療処置を受けることができました。

新しいお友だち

回復後にビンキーと名づけられた子猫は、とても人懐っこく、ひとりぼっちになるのを嫌がります。

 
そこで、同じく保護された子猫のモチをお友だちとして紹介してみたところ…

 
すぐに意気投合!

 
ビンキーはモチのすることならなんでも真似をし、これまで小食だったのに、モリモリとご飯を食べるようになったそう。

 
それから数週間のうちに、彼らの絆はますます強くなっていきました。

 
モチが避妊手術を受けにクリニックに行った際、ビンキーは寂しさのあまり大騒ぎしてしまったのだとか。

やがてモチの無事な姿を見たときには、心底ホッとした様子だったといいます。

 
そして保護から2カ月が経ったころ、嬉しいニュースが舞い込みました。

なんと、2匹揃って受け入れてくれるお家が見つかったのです!

関連:お店のスタッフに押し付けられた生後まもない子猫。大病を患うも、ベテラン里親の手厚いケアにより…すくすくと成長していった!

これからもずっと一緒に

願いが叶い、スタッフたちも感無量の様子。

ふたりは本当の姉妹のように仲良しだったので、同じお家に引き取られることになってみんな喜んでいます。

一時は失明の恐れもあったビンキーでしたが…

我々のケアに加えてモチがいつもそばにいてくれたおかげで、奇跡的に完治しました。

これからも彼らはともに成長し、新しい家族に可愛がられることでしょう。

 
幸せを掴み取ったビンキーとモチが、末永く幸せに暮らせるよう心から祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ