とある大学の実験棟。扉が『外開きのレバー式』に統一されたワケは?

猫貸し屋@イカ気味 (@nekokasiya)さんは以前、学生用の実験室に施されている「とある工夫」について、こんな呟きを投稿しました。

 
そんな事情が…!(((゚Д゚;)))

『手首から先がなくなっても』…!!

日々の研究は、本当の意味で「命がけ」なのですね…!

 
備えは大切ですが…どうか活用する機会が訪れることのないよう、心からご無事を祈るばかりです。

関連:先生『私の講義は面白いのに、何で学生が寝る?』 導いた結論は…!

みんなの反応

●なるほど、万が一のときを考えた合理的な造りに…。でも、実際の事故を想像すると怖いですね

●大学時代、試薬が爆発して避難したことがあった

●放射線管理区域の実験室だと手を使わずに押せば開くドアだったりします

●確かにそうだった。そういう意味なのね

 
驚きの理由に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ