凍えるほど寒い夜に犬が見つけた3匹の幼い子猫たち。アニマルレスキューの手厚い看護によって、どうにか一命を取り留める

米ラスベガス在住のマルティさんが飼い犬たちの散歩をしていたところ、うち1匹がマルティさんを引っ張って、茂みの方に向かって歩き出しました。

連れられるままに行くと、そこには



 
手のひらに収まってしまうほど小柄な、3匹の子猫が!

とても幼く、まだへその緒もついたままです。

手厚いケア

マルティさんは地元のアニマルレスキューに連絡を取りましたが、運悪くスタッフたちは町の外へ出払っていました。

 
その日はとても冷え込んでいたため、子猫たちの体は氷のように冷たく固くなっており…

このまま放っておけば、凍え死んでしまうことは明らかです。

 
そこでマルティさんは、レスキュースタッフの指示に従い子猫の面倒を見てあげることに。

お店に駆け込み、子猫用のミルクや器具を買い込んで、2-3時間おきにご飯を食べさせてあげます。

 
翌日、他の町から戻ってきたアニマルレスキューのニッキさんが、マルティさんから子猫たちを引き継ぎましたが…

彼らは、生まれてから24時間経ったかどうかというほどに幼く、また弱り切っていました。

 
母猫から、生きるために必要な抗体が含まれる母乳を貰うことができていないため…

彼らの命は、様々なリスクにさらされている状態です。

彼らの前には、大きな困難が待ち構えていました。

とにかく、彼らを生かすために必要なことは、何でもやるつもりでしたね。

 
ニッキさんは暖かい寝床を用意して、彼らの体温を保ちながら2時間おきにご飯を食べさせてあげます。

 
その甲斐あって、パンケーキとスパッドと名付けられた2匹は、順調に体重を増やしていきましたが…

残りの1匹、ベーグルの容態は一向に良くなりません。

あまり食欲が無いようで、ご飯を拒否してしまうのです。

 
ただでさえ、寒空の下で放置されていた子猫。

しっかりとエネルギーを補給しなければ、あっという間に衰弱していってしまいます。

そこでニッキさんは、旦那さんと協力して、チューブを使ってご飯を流し込む作戦に出ました。

ベーグルは、2日間も食事を拒んでいたんです。

そんな彼女がのどを鳴らして飲み込む音は、まるで音楽のように聞こえました。

ちょっと疲れていたのもあって、思わず泣きだしてしまいましたね。

関連:衰弱しきった子猫を見守ったのは、同じタキシード模様の「お兄ちゃん猫」だった

救いの手を

努力が実り、やがてベーグルも自力でご飯を食べられるようになったとのこと。

これでようやく、一安心です!

 
ニッキさんは、最後に語ります。

もしも、あなたの近所に野良猫がいるなら、どうか力になってあげてください。

病院に連れて行って、去勢や中絶の処置を施したり…

地元のシェルターや、アニマルレスキューに連絡を取って欲しいんです。

 
小さな命を救うために、レスキュー活動を続ける人々。

その献身的な取り組みに、頭が下がる思いです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ